マフティー動乱とは?閃光のハサウェイの反地球連邦政府組織が起こした戦争を解説!

マフティー動乱とは?閃光のハサウェイの反地球連邦政府組織が起こした戦争を解説!

スポンサーリンク

閃光のハサウェイで大きな戦争となるマフティー動乱とはどのようなものかについて解説しました。

 

物語の主人公のハサウェイが地球連邦政府組織の腐敗を嘆き、反地球連邦政府組織のマフティー・ナビーユ・エリンに参加し、リーダーとなります。

そこに立ちふさがるのが、連邦軍の指揮を任されたケネス・スレッグとキルケー部隊のエースのレーン・エイムでした。

その対立を掻き乱して波乱の展開にさせるギギ・アンダルシアという謎の予知能力をもった少女の動向にも注目です。

 

ファンの方がマフティー動乱のどのような所に注目しているかも口コミ・感想も紹介しました。

スポンサーリンク

マフティー動乱とはハサウェイが起こした革命!

閃光のハサウェイの物語のメインとなるマフティーの動乱は主人公のハサウェイが反地球連邦政府組織のリーダーのマフティーを名乗り、地球連邦政府を粛清しようとする戦争のことです。

 

マフティー動乱の事の始まり

マフティー動乱の事の始まりは、地球連邦政府の特権階級を持った高官らが地球の民衆を「人狩り」と呼ぶ強行政策で地球の民衆を宇宙に送り出していた事にハサウェイが反感を覚えたことです。

ハサウェイはこの地球連邦政府組織の横暴な行いに憤怒して、反地球連邦政府組織のマフティー・ナビーユ・エリンに参加し、組織のリーダーとなり「マフティー」を名乗りました。

 

アムロとシャアから戦士としての遺志を受けついだハサウェイは地球連邦政府組織の高官らを粛清することで、スペースノイドからの支持を得ます。

 

しかし、この行動を地球連邦政府組織は快く思わず、政府組織はマフティー討伐のためにケネス・スレッグ大佐を任命しました。

対マフティー部隊のキルケー部隊の司令官に任命されたケネス・スレッグは指揮を執るために、ハウンゼンに乗り地球へ向かいます。

 

マフティー動乱の主要人物の出会い

ハウンゼンで移動中にマフティー組織のハイジャックに遭遇しますが、表向きは植物監察官候補のハサウェイも同乗していたので、2人で協力してマフティー組織を撃退しました。

これをきっかけにケネス・スレッグはハサウェイのことを評価し、親交を深めていきます。

 

そこにはもう1人、大保険会社の創業者のカーディアス・バウンデンウッデンの愛人のアパートに向かっていたギギ・アンダルシアとも出会いました。

 

ギギ・アンダルシアはマフティー組織のハイジャックの際にハサウェイと会話をします。

内容はハサウェイがマフティーのリーダーでしょ?というものでギギはハサウェイがマフティーのリーダーであることを直感的に分かったと言いました。

ハサウェイはそれを聞いて「僕はごく普通の青年」と誤魔化します。

スポンサーリンク

マフティー動乱の準備

ハサウェイはハイジャック事件の事情聴取のため、空港近くのホテルに一泊する事になりました。

しかし、マフティー動乱の準備の連絡のために組織の連絡員であるミヘッジャとミツダと合流します。

 

ハサウェイは「明日の夕方、新型のガンダムが隕石を装って降下して来るので、受け入れ準備を進めろ」と指示しました。

実は、ハサウェイはマフティー動乱のために月のアナハイムエレクトロニクス社にガンダム製造を秘密裏に進めており、そのガンダムが完成したので受け取るために地球に来たのです。

 

そしてハサウェイがホテルから逃亡するために、マフティーのガウマンとゴルフはハサウェイが宿泊していたホテルを爆撃しました。

ハサウェイは2人の手助けを借りて、同じホテルに宿泊していたギギ・アンダルシアとホテルを脱出します。

 

ホテルを爆撃された事で混乱していた現場を鎮めるために、連邦軍は新型モビルスーツのペーネロペーを出撃させてマフティーのガウマンらを鎮圧します。

 

連邦軍のグスタフ・カールに捕まったマフティーのガウマンは連邦軍の捕虜になり、ケネスら連邦軍がガウマンに暴力を振るっていました。

それを見たハサウェイは制止しようとしますが、ケネスに「民間人は余計な事するな」と一蹴されてしまいます。

 

マフティー動乱(序章)

ソラガン

レーンが乗っていたペーネロペーとてもかっこいいね!

地球に降下していたガンダムを受け取る場所へハサウェイは急いで向かい、マフティーの仲間に連邦軍の新型モビルスーツの話などをします。

 

その時、潜水艦の情報によりマフティーの基地の場所を探り当てた連邦軍がマフティーの基地に接近していました。

 

ハサウェイは降下中のΞガンダムに急いで乗り移ります。

 

乗り込んで間も無く、キルケー部隊のエースであるレーン・エイムのペーネロペーと戦いが始まりますが、人質のガウマンを取り返せたので一時戦線を離脱しました。

 

ハサウェイを逃した連邦軍はケネスに付いて来ていたギギ・アンダルシアの不思議な予知能力でハサウェイがエアーズロックにいることを知り、向かいます。

 

この時、ギギ・アンダルシアはハサウェイのことが好きな事に気づき「あたしを捕虜にして」とハサウェイに懇願します。

ギギ・アンダルシアに会えて嬉しいハサウェイは突然の告白に困惑しながらも、ギギを連れて退却しました。

ソラガン

ギギは好きなハサウェイと行動できたけれど、スパイと疑われて結局アデレード爆撃を前に別れちゃうんだよね・・・

スポンサーリンク

マフティー動乱(本格化)

ハサウェイが乗っていたガンダムはアデレード空港に搭載していたミサイルで爆撃を開始しました。

キルケー部隊のレーン・エイムは簡単に侵攻されたことを疑問に思いながらも、ハサウェイに応戦します。

 

レーンは連邦軍が密かに用意していたバリアーにハサウェイを上手く誘導して、見事にハサウェイの捕縛に成功しました。

レーンやケネスはこの時までマフティーのリーダーがハサウェイであることを知らず、予想外の事実に衝撃を受けます。

 

マフティー動乱の収束

アデレード爆撃で敗戦したハサウェイは捕縛され、処刑宣告を受けました。

 

処刑の責任者にハサウェイの父であるブライト・ノアが指名されましたが、それを知ったケネスが残酷なことをさせるわけにはいかないと、自ら処刑を執行します。

 

ハサウェイの処刑をもってマフティーの動乱は収束しました。

 

父のブライト・ノアはハサウェイがマフティーのリーダーだったことを報道で知り、連邦軍を辞官し妻とカフェを開き生活する一方で、腐敗した政府を変えようと政治家になるための勉強を開始します。

 

勝手にハサウェイの処刑を執行したケネスは連邦軍に消されることを恐れ、元に戻って来たギギと日本のキュシューへ向かい、アムロやハサウェイのようなニュータイプが活躍できる場を作りたいと希望をギギに語りました。

 

ソラガン

地球を正そうと闘ったハサウェイが処刑されるエンドなんて悲しいよね・・・

スポンサーリンク

マフティー動乱についてファンからの意見・口コミ・感想!

マフティー動乱についてファンの方が注目しているのかどうか紹介します!

ファンの方もマフティー動乱の映像化かどのように描かれるのか注目していることが分かりました。

 

小説版の映像化、シャアの反乱から12年後の設定ということで色々な憶測がファンの方の間で繰り広げられていて、同じくファンの私としても楽しみです!

スポンサーリンク

マフティー動乱のまとめ

マフティー動乱の戦争のあらすじを詳しく解説しました。

 

地球連邦政府の悪行を見て心を痛めたハサウェイが高官らを粛清することで、スペースノイドから支持を得るも連邦軍の作戦に撃沈してしまいます。

 

最後は処刑されてしまい、ハサウェイに関わった周りの人たちも悲しいその後を歩むことになり、スッキリしない話でした。

 

そうは言っても、ファンの方の間でもマフティー動乱がどのように描かれるのか楽しみにしている人が多いことも分かりましたね!

 

私も楽しみにしていますので、公開が待ち遠しいです!

スポンサーリンク

DVDレンタルよりガンダム動画をお得に視聴する方法

ガンダムシリーズはいつ見ても飽きないもの。

ただ毎回DVDレンタルすると出費もかさむし、シリーズによってはレンタルしていないんですよね。

 

そこで家で今すぐに無料で視聴出来るサービスをまとめました。

ソラガン
是非今すぐガンダム動画に行きまーす!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です